英語を話せない私が海外旅行一人旅で準備したけど役に立たなかったもの

初めての海外旅行一人旅

47歳のとき、一人でイギリス・ロンドンに行きました。9月後半の時期に、3泊5日の弾丸プランで行きました。全くの個人手配での旅行は、初めてで、行く前からドキドキでした。とりあえず、行ってしまえば、なんとかなる、とは思っていたのですが、それまでが大変でした。

海外旅行自体は、初めてではありませんでした。ただ、それまでは、家族や職場の友人など、誰かしらと一緒でしたし、海外旅行の仕方そのものも、添乗員さん付きのツアー、とか、フリープランだけれど、現地空港まで係員が出迎えてくれる、とかといったもので、海外旅行独特の緊張感はあっても、何かに対して強く不安に思ったことはありませんでした。

なぜ、イギリスにしたか、というと、とりあえず英語圏、しかも、治安はアメリカほど悪くなさそう、ということ、比較的安い直行便のチケットがとれそうだったこと、その理由につきます。そして、なぜ、一人だったか、というと、家族は都合があり、難しかったこと、友人を誘うにも、自分の休みに合わせて、というのは気が引けて、面倒だったからです。

海外は初めてじゃなくても一人となるといろいろ不安が

航空券を予約して、そして、ホテルを予約して、という作業をし終わってから、だんだんと、それまでの海外旅行のことを思い出してきました。入国審査ってどうすればよかったんだっけ?何を聞かれたんだったけ?入国書類って何か必要だったっけ?といったことを考えているうちに、私って大丈夫?と思うようになりました。

英語はたしかに学生時代、学びました。ですが、それははるか昔の出来事です。洋画も、洋楽も好きです。でも、それは日本語字幕があったり、リズムのノリがよかったりするだけで、英語がわかるわけではなかったのです。そこで、準備を始めました。

昔の人間ですから、最新の機器などは使えません。そのため、最初にしたことは、海外旅行に必要な英語、といった本の購入です。ですが、それで勉強をしようと思ったわけではありません。そのなかから、必要なフレーズを抜き出し、単語帳に書く、というやり方です。で、いざとなったとき、それをみせて対応をする、というものです。特に、入国、出国関連の手続きに関するもの、乗り物の乗り方、ホテルへの帰り方に関するもの、食べ物の注文やお金の支払いに関するもの、買い物に関するもの、こういったものです。

英語を話せない自分が海外旅行用に作った単語帳は役に立たず

そうやって準備をしたのですが、実はこれは全く役に立ちませんでした。一つは、あまりに不安すぎて、単語帳がとても分厚くなってしまったので、いざというとき、どこを開けばいいのやら、の状態になってしまいました。そして、いざというとき、そのようなものを開いている時間的余裕はない、という状態でもありました。これは、英語の音声の出る、電子辞書も持って行っていたのですが、そのようなものを使う時間的猶予がなかったというわけです。

一番最初にそれを痛感したのは、入国審査です。まず、日本人の団体客のいるレーンにならび、あわよくば、全く私には関係のない添乗員さんであっても、助けてもらおう、と思った次第ですが、そう都合よくはいかず、別のレーンにならばざるをえませんでした。

観念して、入国審査を受けましたけど、そこで聞かれる内容は、ほぼ決まっている、そう思っていたにも関わらず、何日滞在するのか、その英語が聞き取れなかったのです。言い訳をさせていただくなら、ちょっとなまりのある英語だった、ということでしょうか。私が、困った顔をして、日本語で、えっ?なんて言っているんだろう、とぶつぶつつぶやいでいたら、とてもゆっくりなスピードで行ってくれ、あ~、そういうことね、とようやくわかった次第です。そうやって無事入国審査をくぐりぬけ、入国をすることができました。今となっては良い思い出です。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする