ハワイで子供が迷子⁉見つけた場所はまさかの○○だった。

イルカが大好きな息子のためにハワイ旅行へ

私は当時33歳で、同じ歳の旦那さんと3歳になったばかりの息子と初めての海外旅行でハワイを訪れていました。今回の旅行目的は、息子にイルカを近くで見せること。息子はとても生き物が好きで水族館や、動物園の年間パスポートを持っているくらい頻繁に行きたがります。

特にイルカは大好きで、イルカショーが始まるとどんなに機嫌が悪くても機嫌よく見てくれます。未だかつて実際にイルカを近くで見たり触ったことがないので、今回の旅行はハワイでイルカとたわむれて欲しいなと考えました。両親ともに海外旅行が初めてだったことあり、準備
しなければならない事や、調べておかなければならない事がたくさんありましたが、まず、行く時期を決める事にしました。

色々しらべて分かったことが、一番旅費の安いのが6月だという事なので、早速決定しました。その後は、順調に旅行準備も終わり、後は出発日を待つだけ。子供よりも私たち親の方が興奮して眠れなかったくらいです。

出発当日、朝まではいつもと同じ様子だった息子が、空港に到着するくらいからぐずり始めたので、おでこを触ってみると案の定熱がありました。ですが、旅行をキャンセルするわけにもいかず、薬を飲ませそのままハワイへと行くことにしました。機内では熟睡してくれて熱もすぐに下がりました。無事にハワイの空港に到着してホテルへチェックイン。

ホテルで休憩している間に子供がいなくなってしまった

初めて見るハワイのブルースカイ、海は言葉では言いあらせないくらい綺麗で大きいものでした。昼間に到着したこともあり、少しホテルで休憩することにしました。

たしか、3人とも1時間くらいのお昼寝だったと思います。急に息子のことが気になり目を覚ますと、私と旦那さんの間で寝ているはずの息子がいないんです。寝る前に部屋のドアや、窓のロックは日頃の日課で確認して寝たので、まだ自分で鍵を開ける事の出来ない息子は一人で外に行けるはずがないんです。

それなのに、息子がいないんです。言いようもない寒気が私の中を通りぬけ、慌てて旦那さんを起こしました。2人で部屋中を探しました。トイレ、キッチン、違う部屋、廊下。やっぱりいません。ふと、綺麗な海が見える窓を見ると、バルコニーに小さな息子が一人でいるじゃありませんか。

あわや落下⁉息子がいた場所は、まさかの・・・

息子は、バルコニーにある落下防止のためにつけてある鉄格子につかまり、体をするりとくぐらせ体を半分出したり、戻りたりしています。あまりにびっくりしすぎて動くことも、声を出すことも出来ませんでしたが、ふと我にもどり、今大きな声を出すと息子がびっくりして手を放して外に落下する可能性があると瞬時に考え、息子を見ながら静かに旦那さんに、こちらに来るように言いました。旦那さんは、ゆっくり息子がいるバルコニー側の窓を開け、息子の大好きな木で出来たおもちゃを見せるとゆっくりこちらに息子が歩いてきました。

そこで私は息子を抱きしめ無事に何事もなく終わる事が出来ました。今思い出しても身震いするほど恐ろしいです。

未だに、どうやって窓の鍵を開け、窓を閉め、バルコニーに出る事が出来たのかは分かりません。初めての旅行で楽しい思い出もたくさんありましたが、正直一生忘れる事の出来ない思い出となりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする