【アフリカサバンナ旅行記】動物たちの野性味溢れるパフォーマンス

SUV車でのサファリツアーは動物たちとの距離が想像以上に近い

私がアフリカに海外旅行に行ったときの年齢は25歳の時で妻(23歳)と息子(4歳)とサファリツアーに行きました。旅行に行った時期は4月から5月の春先だったと思います。日程としてはサバンナの動物たちを1週間かけて見学するツアーです。

サバンナでの動物見学はSUVの車に乗り見学をしました。バスとかもありましたがこちらのほうが動物を身近に感じられると思いSUVのほうにしました。ですが、これがいけなかった。バスとは違いSUVは動物たちとの距離が近すぎてヒヤッとすることが多かったです。特に車に動物が来るように餌を撒くのですがその際、体当たりしてくる動物がおり、車が倒されるのではないかと思いました。

餌めがけて来る動物たちの本気の体当たりは本当に怖い

一応車には防護柵とかが施されていますが、車が転倒した場合は誰かが車から降りて車を起さなければなりません。そのようなことにはなりませんでしたが息子は、動物が体当たりしてきたのがショックだったのでしょう、怯えていました。

それが一度だけならまだ良いのですが、結構な割合で動物が突っ込んできます。特に普通に走っている際にもカンガルーが突然出てきて車で引いてしまうこともありましたし、正直、何が起こるかわかりませんでした。私個人としては、そういったトラブルなども楽しめましたが、妻と息子にとっては嫌だったかもしれません。

日頃できない体験を息子に・・・といってもちょっと刺激が強いサバンナツアー

何にしろ私自身は日頃経験できない貴重な体験をすることができ満足できましたが、妻と息子にとっては動物が突っ込んできて怖い思いをした程度にしか感じ取られなかったかもしれないです。私としては、自然のありのままの姿なのですからそこも楽しんで欲しかったのですが、まあ、日頃から安全な日本で暮らしている妻と息子には無理でしょうね。

私は仕事柄、貿易の仕事で色々な国に行き、危ない目にも合ったこともありますので、そういったことはある程度割り切れるようになりましたが、無理な人には無理でしょう。危ない目といっても一応、安全には配慮されていると思いますから、アフリカの自然はこんな感じだというのは息子に伝わったでしょう。このアフリカ旅行は妻を覗き、おおむね成功したと言えると思います。

妻に私はこのアフリカの体験の後、こっぴどく叱られましたが、息子に自然を体験させてあげたいといったのは妻なのに、自分が危ない目に合うと、アフリカ旅行を提案したのは妻なのに私がとばっちりを受けたのはちょっと納得いきませんでしたが、最後に息子もアフリカの自然を楽しめたのでこのアフリカ旅行は良しとしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする