日本野鳥の会バードウォッチング長靴は耐久性抜群。雨の日の自転車用に購入。

日本野鳥の会バードウォッチング長靴は、雨の日の自転車通勤用に購入

39歳女性です。私は雨天時自転車通勤用に長靴を探していました。ある日某農業雑誌の広告に載っていたのが日本野鳥の会バードウォッチング長靴との出会いだったと思います。農業という、相当ぬかるんだところで足に負荷をかけて作業する現場の雑誌に掲載されていましたし、野鳥の会も湿地帯などへ出かけて生きた野鳥を観察しているんだろうから、耐朽性は間違いなくあるだろうと踏んだのが検討のきっかけでした。

今まで長靴というと黒のテカテカエナメルで先が広がっていたり、足の動きの半テンポ後にくっついてくるようなもたつき感が長靴敬遠の理由でしたし、農作業のイメージが強く、なかなかいいのに巡り会えませんでした。

しかし野鳥の会の長靴は耐久性もありそうだし、折りたたむことができるという利点が、他より群を抜いておりました。クロスバイクのカッパの下に履くのでごわついても嫌でしたし、足が自由にペダルを漕いで欲しかったので、フィットしたデザインのものを探していました。

バードウォッチング長靴のカモフラージュ柄は正直女性向きではないかも

ネットをみて赤が希望だったのですが、問い合わせをしたところ取扱がなかったので、カモフラージュ柄を購入することにしました。思ったよりも派手ではなく抑えめの色合いとデザインでした。とは言え、正直女性向きのデザインではありませんでした。

日本野鳥の会長靴は、とにかく使い勝手が良い

日本野鳥の会長靴が、他の長靴と比較して優れていると思う点と、買ってよかったと思う点は、やはりゴムが柔らかく履きやすいということとです。また、穴が開いたりどこからともなく浸水したりしてこない点がとてもよかったです。それから、上部の口に締め具がついているのでキュッとしていてとても良いです。

使い勝手のよさとしては、雲行きが怪しい朝に自転車に折り畳んで積んでいける点がよかったです。とにかく持ち運べるというのは便利です。キャンプにもいいです。

逆に損した点というのは特にありませんでしたが、やはり色物ですから日焼け(紫外線による室内保管での日焼け)してしまうと、白い部分が黄色になっていくので、古めかしい感じになってしまったことは残念でしたが、1足につき6年くらいは愛用し続けていると思います。

付属の袋はきっちりきっちり折りたたまないと入らないので、わたしは自前の袋に入れ替えて持ち運んでいました。

見た目やファッションとしては、わたしは細身のパンツを履くのが好きなのでパンツの上から履いても特に野暮ったく見えることなく、スマートに履きこなすことができていたと思います。唯一雨じゃない時に使用したのは潮干狩りの時くらいです。

長期間収納していてもカビもひび割れもなく優秀

臭い対策は、やはり立てて筒状にして湿気を抜くことです。もう少し紫外線対策をしてあげたかったなぁと思います。しばらく自転車通勤をしておらず、久々に雨天時の自転車に乗る際に出してきたカモフラージュさん。なんと、カビも生えておらず、ひび割れもしておらず、優秀だなと改めて感じました。

わたしは機能性重視派なので、ブランドのファッションレインブーツより、実用性抜群の野鳥の会の長靴をこれからも履き続けます。

今まで履いていた長靴はクロックスのもので、ファッション製はあるので、お出かけするには最適だとは思い使用していました。でもクロックスは、長靴の中で少し足が泳いでいたので、長時間畑仕事をしたり、歩いたりするのには不向きだなと感じていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする